魔王の大野さんがかっこよすぎる!!!

私が最初に大野さんを好きになったのは、ドラマ魔王の再放送を見たことがきっかけでした。いかにもジャニーズ、いかにもアイドルといった演技でなく、復讐に燃えながら優しい仮面を被る弁護士役に憑依しているかのような演技力と目で語る表情。本人にもそんな一面があるのではと思わせるほどの表情の切替、そして話が進むにつれ正義感と復讐心の狭間で葛藤する演技は見事でした。ドラマのストーリー自体が面白かったのはありますが、あの弁護士役は大野さん以外の適任はなかなかいないのでは。

目で語る演技は今年度大野さん主演の映画忍びの国、お国が殺された後のシーンでも見せてくれました。映画を見る前にこの原作の文庫とマンガを見ましたが、「あのシーンをどう表現するのか、どう見せてくれるのか」見る前に思ったそんな疑問を吹き飛ばしてくれるくらいの眼光の鋭さでした。

グループの中では決して前に出る素振は見せず、むしろリーダーにも関わらず一歩引いた姿勢でリーダーらしいリーダー像を打ち破り、後ろからメンバーを温かく見る様子。
バラエティではむしろ三枚目の役割で、朗らかで柔らかい雰囲気をもっている大野智さん。
でもスイッチが入ったときの豹変ぶりは嵐イチではないでしょうか。
歌唱力はもちろんその伸びやかな歌声。ジャニーズでもトップに入るダンスの実力。個展を開くほどの絵画の才能。誰よりも多才な一面を見せながら、それをひけらかさない姿勢。
魔王ですっかり大野さんにはまった私が次にはまったのは、その豹変ぶりでした。
この人はどれが本当の顔なのか・・・実は二人いてると言われても違和感ありません(笑)

顔だけで見ると決して誰もが認める男前、というわけでもないのですが、スイッチが入った時の惹き付けられる魅力。
歌番組ではどうしてもその声から、その踊っている様子から目が離せません。というより自然に目が追いかけてしまいます。

この魅力に気づくと、終いにはバラエティでみせるぼーっとしているような様子ですら“もう、しょうがないな”と笑顔で見守ってしまいます。
でもこの魅力、私以上に感じているのはメンバーの4人ではないでしょうか。
いつでも「リーダーは・・・」「リーダーっぽくない」と言われながら大野さんを見る4人の眼差しがいつも優しく温かく見守っていてこちらもほほえましくなってしまいます。そしてそんな雰囲気こそが嵐のグループの雰囲気の良さにつながっている一因だと感じます。

既存のリーダー像でなくリーダーっぽくない、でもだからこそ嵐の仲の良い雰囲気作りの一因でもあるところが、大野さん最大の魅力だと思います。